福山市で税務・労務・M&A・ファイナンシャルプランニングなど、お気軽にご相談ください。

TEL.084-957-5119 メールでのお問い合わせはこちら

竹村税理士事務所のお役立ちコラム

役に立つ知識や最新情報をご紹介

ニュースレビュー『相続税の申告と税務調査』(平成29年8月20日号)

2017.08.20

相続税の申告と税務調査

1.相続税の申告状況

平成27年中(平成27年1月1日~平成27年12月31日)に亡くなられた方から、相続等により財産を取得した方についての相続税の申告状況は次のとおりです。

(1)平成27年中に亡くなられた方(被相続人)は約129万人で、このうち、相続税の課税対象となった被相続人の数は約10万3千人で課税割合は8.0%(平成26年は4.4%) でした。1.8倍に増加した理由は平成27年1月1日以後の相続税の基礎控除額の40% カットだと考えられます。

相続人が3人の場合の基礎控除額は4,800万円です。
  (平成26年12月31日までは8,000万円でした。)

(2)被相続人1人あたりの課税価格(基礎控除の控除前の財産額)は1億4,126万円、相続税額は1,758万円です。

(3)相続財産の金額の構成比は、土地38.0%、現金預金等30.7%、有価証券14.9%の順です。

 2.相続税の税務調査の状況

(1)相続税の実地調査先の81.8%で財産の申告漏れ等(無申告を含む)がありました。

(2)実地調査1件あたりの申告漏れ課税価格は2,517万円あり、追徴税額(加算税を含む)が489万円でした。

申告漏れ等財産のベストスリーは、① 現金預金等 ② 土地 ③ 有価証券 となっています。

【参考】

贈与税の実地調査では調査先の92.7%に申告漏れ等(無申告を含む)が指摘されています。

実地調査1件あたりの申告漏れ等の課税価格は540万円、追徴税額は136万円になっています。

 

(資料出典:国税庁)

コーヒーブレイク ~ 脱税マネーの隠し場所

マルサが摘発した脱税事件から、脱税マネーの隠し場所を見てみましょう。

自宅では、プランターの土の中、自動車トランクのスペアタイヤの中、寝室の床下金庫、風呂場の天井裏などです。

自宅外では、親族に預けていた座布団の中、従業員名義の貸金庫の中、従業員名義で借りたマンションの押入内の金庫の中などがあります。

*PCやスマホで『脱税したお金の隠し場所』と検索すると、脱税マネーの発見現場や現物(現金・社債)を見ることができますよ。

 

②ニュースレビュー 『相続税の申告と税務調査』(平成29年8月20日号)

竹村税理士事務所は 『高品質の申告とサービスで、安心と幸せをお届けします』

本号の担当は、税理士 竹村 でした。