福山市で税務・労務・M&A・ファイナンシャルプランニングなど、お気軽にご相談ください。

TEL.084-957-5119 メールでのお問い合わせはこちら

竹村税理士事務所のお役立ちコラム

役に立つ知識や最新情報をご紹介

ニュースレビュー『改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた』(平成31年4月20日号)

2019.04.20

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた

 

改元後においても、「平成」が印字された「源泉所得税の所得税徴収高計算書」(以下「納付書」といいます。)を引き続き使用することができますが、記載にあたっては、次の点にご留意ください。

【「平成」が印字された納付書の記載にあたってのお願い】

○現在お持ちの納付書に印字されている「平成」の二重線による抹消や「新元号」の追加記載などにより補正をしていただく必要はありません。
○平成31年(2019年)4月1日から新元号2年(2020年)3月末日の間に納付する場合、納付書左上「年度欄」は「31」と記載してください。

なお、上記設例は原則的な記載方法を示したものであり、「年度欄」、「支払年月日欄」及び「納期等の区分欄」 に記載いただく「年」については、新元号表記「01」を平成表記「31」と記載してご提出いただいても有効なものとして取り扱うこととしています。

5月11日(土)、25日(土)は通常通り営業いたします。

竹村税理士事務所は 『高品質の申告とサービスで、安心と幸せをお届けします』
本号の担当は、杉之原チーム でした。

ニュースレビューH310420