福山市で税務・労務・M&A・ファイナンシャルプランニングなど、お気軽にご相談ください。

TEL.084-957-5119 メールでのお問い合わせはこちら

竹村税理士事務所のお役立ちコラム

役に立つ知識や最新情報をご紹介

ニュースレビュー『リーダーの睡眠は組織の業績を左右する』(令和元年7月5日号)

2019.07.05

リーダーの睡眠は組織の業績を左右する

梅雨に入り蒸し暑くなるとともに、寝苦しい日も増えてきて、睡眠不足になりがちです。
しかし最近では、睡眠の重要さを強調する組織のリーダーが増えています。アマゾンの共同創設者でCEOでもあるジェフ・ベゾスもその1人です。
リーダーが睡眠不足だと、当人のパフォーマンスだけでなく、部下や組織の仕事の成果も損なうおそれがあるからです。
リーダーにも部下にも良い睡眠を取ってもらい、健やかで効率的な職場環境づくりをしたいですね。

睡眠の重要性

睡眠を取ることの利益と取らないことの不利益については、すでにある程度理解されていると思われる。
睡眠が不十分で疲労がたまると、判断力が鈍り、自己制御が効かなくなり、創造性が低下する。
さらには組織にも副次的影響が及ぶのだが、これについてはあまり知られていない。睡眠不足は個人のパフォーマンスを損なうだけではないことが分かっている。マネージャーが睡眠不足であれば、従業員の経験や仕事の成果も損なわれるのである。
睡眠不足のリーダーが、みずからの疲労が自己のみならず部下たちにもどれほどのダメージをもたらしうるかを認識することが必要である。
リーダが前向きの感情を表す場合には部下は心地よく感じ、上司にカリスマ性を感じることがわかっている。十分に睡眠を取っていないと、前向きの感情が湧きにくくなり、みずからの気分を管理したり隠したりすることが難しくなるのだ。不眠による気分の落ち込みから脱することは非常に難しい。
睡眠を削れば、より多くの仕事時間を獲得できるのは明らかだ。しかしそうすると、仕事の質ばかりか、リーダーシップの質も低下することを忘れてはならない。

良い睡眠を取るには

① 就寝と起床の時間を守る。
② 就寝間近のカフェイン・アルコール・ニコチンの摂取を控える。
③ ストレッチなどでリラックスする。
④ 就寝前のスマホ使用を控える。使用する場合にはブルーライトカット・メガネなどを利用する。

『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 7月号』(㈱ダイヤモンド社刊)より抜粋

竹村税理士事務所は『高品質の申告とサービスで、安心と幸せをお届けします』
本号の担当は、中小企業診断士 植田でした。

20190708