福山市で税務・労務・M&A・ファイナンシャルプランニングなど、お気軽にご相談ください。

TEL.084-957-5119 メールでのお問い合わせはこちら

竹村税理士事務所のお役立ちコラム

役に立つ知識や最新情報をご紹介

ニュースレビュー  『不適切動画問題』(2019年3月5日号)

2019.03.07

不適切動画問題

 

ここ最近、飲食店などのアルバイトによる不適切動画での炎上騒動が続き、中でも、くら寿司がアルバイトに対して法的措置をとることを宣言し、さらに話題になっています。

【以前もこんなのあったよねー。またかー!】
と思われた方が大半だと思います。振り返ってみると、2007年 吉野家 『テラ豚丼』動画、さらに、2013年 ローソン 『アイスケースに入ってみた』写真、そして今回の2019年と6年ごとに繰り返されています。その時々で話題になったのに何故繰り返されるのでしょうか? 理由の1つにアルバイトの世代が6年程で入れ替わることが考えられます。例えば2007年当時の動画問題のニュースを見ても、当時の中学生にとっては自分とは関係ないし、それほど大きく記憶していないため、自分が大学生になり真似した訳ではなくやってしまった。そしてまた次のアルバイト世代もやってしまう、という繰り返しではないでしょうか。

【どうやったら防げるのでしょう?】
この不適切動画問題については、企業側の教育責任、管理責任、アルバイトの資質、倫理観、人手不足など色々と意見が出ています。対策として会社では個人の携帯電話の使用を許さず、鍵付きロッカーに入れて管理する会社もあります。 結局のところ、アルバイトの方が不適切動画を撮る前に、サービスを提供するお客様のことを少しでも考えることができたならば、このような問題は起きないのではないでしょうか。大手チェーン店だけではなく、どの企業でも『お客様のために』という企業理念を掲げています。その理念が責任者や正社員に浸透していれば、必ずアルバイトにも浸透しています。 雇う側も、雇われる側も『アルバイトだから・・・』という言葉でごまかさず、職場人としてお互い対応することが必要です。6年後の2025年に不適切動画問題が再びニュースレビューの記事にならないことを願います。

 

 

 

~ 常設絵画展のお知らせ ~ 竹村税理士事務所 2階ギャラリー

 

当事務所の2階にて常設絵画展を開催しています。
今回のゲストコーナーは中西絵画教室の杉原津弥子さん(9点)と福田理絵さん(5点)の作品です。展示期間は、3月4日~5月31日までです。
その他『世界の名画』の模写を展示しています。
ご覧いただける時間は、当事務所営業日の10時から16時です。
入場は無料です。お気軽にご来場ください。5月26日午後1時30分よりギター(杉原津弥子さん)とバイオリン(甲田有さん)の生演奏をします。
コンサートご希望の方は事前に御予約をお願いします(無料です)。
お問い合わせは
084-957-5119 (竹村税理士事務所)
090-1183-4559 (竹村 美鈴)

20190307-2

 

竹村税理士事務所は『高品質の申告とサービスで、安心と幸せをお届けします』

本号の担当は、特定社会保険労務士 細谷 でした。

 

 

 

20190307-1